これは学生時代、アルバイトの面接で言った退職理由でした。

2年生まではアパートと学校の間の駅にバイト先のお店があったのですが、3年生からは全く別のキャンパスになるためバイト先の駅を通らなくなったのです。

バイト先はアパートか学校の近く、もしくはアパートから学校までの通学路のどこかでやりたかったので、新しく探すことにしました。

移動時間が勿体ないので、極力学校から近い場所が良く、授業が終わって即バイトに行けるような所が理想でした。(´ω`)

スポンサーリンク

素晴らしいバイト先が見つかる

その結果、学校から徒歩5分の所にある漫画喫茶でバイトすることになりました。

志望動機はもう昔の話(5年以上)なのであまり覚えてないですが、通学先が変わったので勤務しやすいバイト先を探している云々言ったと思います。

特に突っ込まれることもなくその場で採用して頂きまして、卒業までお世話になりました。

個室やパソコンも無い昔ながらの漫画喫茶でしたが、今まで働いてきた中で一番楽しかったです。笑

ちなみに以前バイトしていた所には、「通学路じゃなくなったので辞めます~」と普通に言いました。

移動だけでも時間がかかりますし、その時間が勿体無かったんですよね。;;

こちらも3年ほどお世話になりました。
初めてのアルバイトでしたが、店長始めお店の先輩方には本当にご迷惑ばかりかけていました・・。

私の生意気な態度や仕事に対する甘えた姿勢。
今では考えられないくらい横柄な人間でした。
(まぁそれは社会人になってからも続いてしまい、結局トラウマになるほど痛い目に合ったわけですが・・笑)

辛いこともたくさんあって、辞めた時は正直スッキリしました。
でも今思うと頑張って良かったなと心から思います。

今はツラくても、時が経てば「なんであんなに悩んでたんだろ・・」って思うこと、よくありますよね。

そう思えば、何となく辛くても意外と乗り切れちゃう時もあるかもしれません。^U^