もう嫌だーもう無理だー

そんな理由で上司に退職したい旨を告げては転職を繰り返していた時期がありましたが、その後入った会社でもやはり同じように辞めたいと思うよりになり、1ヶ月後に退職したい旨を伝えました。

しかしその3日後、「やっぱり続けます!」と言って退職宣言を取り下げてもらったことがあります。^^;

普通、一度辞めると言っておきながら「やっぱり無かったことに!」なんてできませんよね。^^;

格好悪いというより、常識としてあり得ないと思います。

(いろいろな諸事情がある場合は別として。)

しかし私はそれをやっちゃいましたー。アッチャー。

コールセンターだったんですけど、もう辛くて辛くて。;;;

一緒に入った同僚の方はすぐに辞めてしまったし、電話の向こうのお客さんも本当にいろいろなので精神的にストレスパネェ業務内容でした。^^;

そのうえ上司は気難しい。

いつものように私の辞め癖センサーが作動したわけですが、退職を申し出たわずか3日後、私はそれを取り下げるという行動に出たのです。

スポンサーリンク

なんか急に不安になった

どうしてでしょうか・・。

上司に退職を申し出るまでは毎日辛くて辛くて仕方なかったはずなんです。

実際辞めることを伝えた後はものすごいスッキリしてたはずなんです。

でもその日の夜。

「これで綺麗さっぱり辞められる!^^」
「あと残り1ヶ月だし、気楽にがんばろーっと!^^」

でもふと思いました。

本当にこれでいいのかなと。

実は当時の私は副業をやってまして、それが少しずつ軌道にのってきていたんですね。

だからこのまま頑張って収入が増えれば仕事を続けなくても良くなるし、きっと大丈夫だろうと思ったんです。

今思うとあまりに浅はかですが、とにかく一日でも早く仕事を辞めたいという気持ちが自分をそのようにさせてしまったのだと思います。

もし副業も何もやっていなければ、当然次の仕事が見つかっていたわけでもないので辞めようとは思わなかったかもしれません。。

しかしその頃の副業での収入はまだまだ微々たるもので、とてもそれ一本で繋いでいけるような状態ではありませんでした。

もちろん何か仕事を探すというのも視野に入れていましたが、また新しい職場で、また1から始めるのかと思うと何だかとても面倒くさくなってしまったのです。^^;

そうなんです。

いざ退職宣言したものの、当面の収入が確保できてるわけじゃないし実際どうなるかもわからないのでその不安と、仮に新しい仕事を始めたとしてもまた1から覚えなきゃいけないという面倒くささのダブルパンチで尻込みしてしまったんです。

なんじゃそりゃ!
ってカンジですが、本当なのでどうしようもなかったです・・。
我ながら情けなかったです本当に・・。orz

てか考えたらわかるっしょ?

こんなことなら、よく考えるべきだったし、最初から言わなければ良かったのでは?

で す よ ね - wwwww

ですが実際に行動を起こした(退職宣言した)ことで初めて実感できることもあるというか。

実際にそのような状況(仕事を辞める)に立ってみて、リアルに感じたことがあったのは確かです。

人は行動、経験、体験でしか物事を学べないというのは、ある意味正しいのかもしれません。

いやもちろん私が究極にアホだったってだけで、普通に考えればわかりきったことなんですけどねーアハハー。^^;

あと私の場合は副業でやってた仕事にとても興味があったので、できればそれだけで生活できるレベルになりたいと思ってました。

ですからそれ以外の仕事は正直なんでも良かったし、ラクであればラクなほどいいなーと思ってました。^^;

コールセンターはとてもキツいお仕事でしたが、それを辞めて他の仕事をまた1から覚えるのも気が引けました。

頑張りたい仕事はもう決まってるのに、そっちも頑張らないといけないのはナンセンスな気もしましたし。

(それでもやらなければいけない場合は別として。)

何か1つを得たいと思ったら、我慢しなきゃいけないこともあります。

どれもこれも自分の都合の良いように・・とはいかないものです。^^;

退職宣言を撤回したその後・・

コールセンターってとても離職率の高い職場らしいですが、私のいた所も漏れなくそうでした。^^;

そんな場所だったからか、私の退職宣言取り下げに上司は喜んでくれました。笑

少し経ったら説得してみようと思ってたらしく、幸いまだ上の人には何も伝えていなかったようで、なんかもう本当に感謝の極みでした。><

ということでまるで何も無かったかのように再び業務に就いたのでした。^^;

あー格好悪いです本当に。。