これは私が東京に住んでいた頃に勤めていた会社を辞める時に言った退職理由です。

私の実家は東北地方ですが、実家に帰ることになったので辞めますと言いました。

今回はその時のことをお話したいと思います。

・・とは言え、本当の退職理由は違います。

上司など会社側に伝える退職理由は表向きなもの(実家に帰るから)ですが、本心は違いました。

本音と建前。というやつですね。^^;

スポンサーリンク

実家に帰るので辞めます

この会社は新卒で入ったのですが、実は入社当時からずーっと辞めたいと思ってました。

想像と違ったとかそういうのではなく、単に会社勤めが嫌だったからです。
。。ものすごく反感を買いそうですが。^U^;

アパレル業界で働いていましたが、とにかく上司が怖かったです。
上司が嫌で辞めたと言っても過言ではないくらいです。

お客様のいる前でも普通に怒り、目標売上に達成するまで帰ることが許されない日もありました。
怖かったですね・・今も思い出すだけでゾッします。笑

4年ほど頑張りましたが、仕事に対するストレスと上司に対する不満がついに限界に達し、めまいや頭痛、腹痛に襲われるようになりました。
毎日続くようになり、退職を決めました。

しかしこれをそのまま伝えるわけにはいきません。

言えばいいのに・・と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私にはできませんでした。^U^;
退職する旨を伝えてから実際に退職するまで、私の時は約5ヶ月ほどありました。
退職までの残りの期間は、できれば穏便に過ごしたいものです。

円満退社というやつですね。

退職を伝えた結果

というわけでは「仕事も上司も嫌だったから。」という本当の退職理由は言わずに「実家に帰るので辞めます。」という退職理由を言いました。

ちなみに嘘ではありません。
本当に実家に帰りました。

実際の退職理由は全く違いますが、実家に帰ることを口実にしました。

その結果ですが、私の想像とは違い、職場の皆さんの反応は微妙なものでした。。

「え?なんで?なんで(実家に)帰るの?」

・・実家に帰るのに理由なんか聞かれるのかと思いましたが、普通に「家族と暮らしたいから」と答えました。

「そっかぁ。でも東京で特にやりたいことが無いなら、私も実家に帰ると思う。」

と言ってくださった先輩もいれば

「仕事を辞めてまで戻る価値が実家にあるの?」

という厳しいことを言ってきた先輩もいました。^U^;

一番苦手だった上司には引き止められました。

「帰って何するの?」
「転職なんて厳しいんだぞ?」
「再び東京に出てきても一人暮らしなんてできる余裕ないぞ?」

・・なんでそこまで言われなきゃ・・と思うようなことまで言われましたけど、最後は優しく送り出してくれました。

とても怖い上司でしたが、大変お世話になりました。
当時はいろいろありましたけど、今となっては良い思い出です。

最後は私が逃げる形で辞めてしまいましたけどね。
後悔は全くしていません。

スポンサーリンク


引越しを退職理由にする際の注意点

引越しという退職理由が、嘘の場合の話です。

当然ですが実際に引越しをしないなら、前職でお世話になった方々と街で偶然バッタリ会ったりすることはできるだけ避けたいところです。

相手が上司なら尚更でしょう。

しかしどこで見られているかわかりませんし、今のご時世今後どこでどのような形で再びお世話になるかもわかりません。

そういう時に気まずい思いをしないためにも。
実際に引っ越すわけでないのなら、引越しを退職理由にするのはあまりおすすめできません。

とは言え「いずれは引っ越したい」と思ってるならそれを退職理由にするのは別に良いんじゃないかなとも思います・・。
現に私がそうでしたし。
ただ「いずれ」など余計なことは伝えません。
突っ込まれるとボロが出る恐れがあるからです。

ですが会社側に何もかも正直に話す必要は無いと思います。
どうしてそこまで言わなきゃいけないの?って感じですしね。

「それなら仕方ない・・」と思われるような理由なら、真っ赤な嘘でない限り大丈夫ではないかと個人的には思います。

ただし後々バレて困るような嘘は付かない方が良いので、気を付けていきたいものです。^^;