本当の退職理由であれば何もやましいことは無いでしょう。

しかし私のように”上司が嫌だから”とか”仕事が嫌になった”などという退職理由をそのまま上司に伝えてしまうパワフルなお方はあまりいらっしゃらないかもしれません。^U^;

そうなると、自然に当たり障りの無い退職理由を考えるしかありません。

しかしその退職理由も、よくよく考えて言わないと後々ボロが出て苦しくなる時があります。

スポンサーリンク

嘘をさらに嘘で塗り固める退職理由

私が昔使った退職理由で「親に紹介してもらう仕事に就く予定だ・・」というものがありました。
もちろん嘘です。
ですから具体的にツッコんだことを聞かれると返答に困ってしまうのです。

我ながらアホでした。

もうちょっとマシな退職理由を言えば良かったと後悔しました。

聞かれて困る退職理由は避けた方が良いでしょう。
でないと私のように嘘をさらに嘘で塗り固めなければならなくなります。

”実家に帰るので辞めます”など「それなら仕方ないよね」と思われるようなものが一番良いのかもしれません。
(私の場合は本当に実家に帰ったので嘘ではありませんでしたが・・)

ですがまぁ、なかなか難しいと思います。
実家暮らしだったり一人暮らしでも、実家が近ければあまり意味が無いですし。

その仕事を辞めてもまた次を探すことが決まっているのでしたら、普通に働きながら次の仕事を探し、見つかったら「やりたい仕事が見つかりました。転職するので辞めます。」と言って普通に辞めた方がずっと良いのかもしれません。

ありのままですし、気持ちもずっとラクでしょう。

広いようで狭い世界ですから、いつまたどこで前職で一緒だった方にお世話になるかわかりません。

その時に嘘をついて辞めたことが結果的に自分の首を締めることにならないように、退職理由はよく考えましょう。^U^;

と、昔の自分に言ってやりたいです。笑

仕事を辞めたい人へ