本当の退職理由。

もしあなたが今の仕事を辞めたいと思っているとしたら、その理由は何でしょうか?

私のように、上司に対する不満があるからでしょうか?

それとも仕事内容に不満があるからでしょうか?

お給料でしょうか?その他の待遇でしょうか?

退職理由って、人によって実はいろいろあるんですよね。^U^

本当の退職理由、言わない方がいいの?

結論から申し上げますと、言ったらダメということはないと思います。

しかしその理由によっては、言わない方が良い・・というものが多いかもしれません。

実際上司に退職する旨を伝えてから最終出勤日まで、結構時間がある場合がほとんどですよね。

その残りの日々を、可能な限り穏やかに波風立てず過ごしたい。

そう思っていた私は、決して本当の退職理由なんて言えませんでした。

上司が嫌。
仕事が嫌。
何もかもが嫌。

それに退職理由って、決して1つだけとは限りませんよね。

私のように行く先々で上司に不満を持っては辞め、お客様のクレーム処理に嫌気が差しては辞め、そんなんじゃ何をやってもダメ。

毎回毎回そう言われながら職を転々としていた時期がありました。

とにかく仕事が続きませんでした。^U^;

スポンサーリンク

本音を言って改善される場合もある

会社に対する不満。

例えば職場の環境(分煙されてない)や上司、業務内容に関する不満。

洗いざらいぶちまけて、それが改善されるケースがあるというお話を聞いたことはあります。
しかし実際に私の周囲で起こった話ではないので、信憑性はありません。

どうせ辞めるなら、思い切って不満は全部言ってしまおう!

そんなバイタリティ溢れる方が実際にいるというのは、なんとも素敵なことだと思います。
羨ましいじゃないですか~。^U^;

言いたければ言う。そうでないなら言わない。

もし今の職場にものすごい不満があって、これだけは辞める前に言いたい。
言わなきゃ気が済まない。

たとえ不満をぶちまけた結果、退職まで居心地が悪くことがあっても、どうせ辞めるしどうでもいい。

そういう場合は、本当の退職理由を言ってみるのも良いでしょう。
しかしその後どのような現象が起こるかわかりませんので、ある程度の覚悟は必要かもしれません。^U^;

反対に、今の職場にものすごい不満があって、今すぐにでも辞めたいくらい。
でも上司に本当の退職理由を言うのは気が退けるし、そんな勇気なんて無い。

できれば円満退社したいから、当たり障りの無い理由がいいだろう。
そうだよ。どうせ辞めるんだから、本音を言って波風立てる必要なんて無いんだ。

人の数だけ答えがあるように思います。

大袈裟かもしれませんが、1度きりの人生です。
たくさんぶつかって、たくさん挑戦して多くのことを学ぶ機会だと考えれば、たとえどのような選択肢を選んだとしてもそれはあなたにとってプラスの経験になることは間違いないでしょう。

何もかも正直に話す必要は無い

会社側に何もかも正直に言う必要はありません。
ですので適当な当たり障りのない退職理由を述べたとしても、それが悪いことだとは思いません。

言いたければ言う。
そうでないなら言わない。

そもそも上司に伝える退職理由なんてよく考えれば何も重要なことではありません。
(転職時の面接などで言う前職の退職理由は少し考えなくてはなりませんが。)

そんなことよりあなたの今後の進路の方が100倍大切なのです。^U^

そちらの方に重点を置いていきましょう。