当然ですが、嘘の内容によるかもしれません・・

幸い私は在職中に嘘の退職理由がバレたことがありませんので、実際のところは分かりませんが、何か特殊な雇用契約でも交わしていない限り、たとえバレたとしても大したことは無いんじゃないかなと思っております。

そもそも私もバレてないと思ってるだけで、もしかしたら「どうせ嘘なんでしょ」と職場の同僚上司には思われてた可能性も無くはないです。

というかバレてたかもしれませんね。。^^;

かと言って特に辛い思いや嫌がらせを受けたというのは、1度もありません。

その代わり今後の人生について、上司から有難いお説教はたくさん頂きましたけれど。(´ω`)

しかしながら中途半端な退職理由を言ってしまったがために、次々と嘘をつかなくてはならないハメになったこともあるので、これは注意が必要だと思った次第です。

詰めの甘い退職理由だとボロが出る

本当の退職理由を言うことができればどんなにラクかと思ったことは数え切れません。

しかし社会に出るといくら本当のことを思ってもそれを口にしない方が良いに決まってる場面は腐るほどありますし、嘘をついた方が双方のためになることだってあるでしょう。

嘘をついてはいけない、嘘をつくのは悪いことだと教わりましたが、最終的には自分に嘘をつかなければそれでいいじゃんと密かに思っています。(´ω`)

スポンサーリンク

自分のことは、自分で守る

ということでバレても大丈夫、何も無いとは言い切れませんし一概に申し上げられない部分もありますが、たとえ嘘の退職理由がバレてしまうことがあっても、退職日まで淡々とお仕事してさよならしてしまえば良いのです。

上司(会社)はあなたの人生に責任なんか持ってくれません。

仮に引き止められることがあっても、それは上司(会社)が助かるだけであって、あなたは助かるのでしょうか。。?

誰かがあなたのことを、助けてくれるのでしょうか。。?

あなたを助けてあげられるのは、あなただけです。

自分の気持ちに正直に生きることができればそれが一番良いですが、そのために嘘をつくのは悪いことではないと思います。

たとえバレてしまうことがあっても、自分のことは最後まで自分で守ってあげるようにしましょう。(´ω`)

仕事を辞めたい人へ