今の仕事を辞めたくて、実際に辞めてしまったとします。

しかし、ただ仕事を辞めただけでは解決しないことがあります。

今回はそんなお話です。

仕事を辞めただけでは解決しないことって?

ずっと辞めたかった仕事をやっと辞められた!

苦手だった上司とはもう会わなくていいし、クセのあるクレーマーなお客さんの相手だってもうしなくていい。

仕事を辞めた直後はこんな天国のような開放感に包まれます。
実際に私が体感しました。^U^;

それはもう最高に幸せだったと思います。

しかしそんな気分も束の間。
次の仕事が決まってなかった私は次第に焦りだしました。

当然ですが収入が途絶えますので不安になります。
しかも次の仕事がなかなか決まりませんでした。
受けても受けてもことごとく落とされる日々。

すぐに見つかると思ってた私は、昨今の転職を完全に舐めてました。^U^;

やっと仕事が見つかるも、すぐに辞めたくなりました。

理由は「思ってた仕事と違う」という、しょーもないものでした。
上司も先輩も苦手で、サービス残業も毎日普通にありました。
前職と対して変わりませんでした。

私のモチベーションはいっきに下がり、わずか2ヶ月で辞める始末でした。

しかも前職と同じ理由で辞めました。

その時に思ったのが、このまま次の仕事が見つかっても、また同じような理由で辞めるんじゃないか。

ということでした。

スポンサーリンク

どの職場へ行っても同じように嫌なことはある

私は過去にどうしても上司が苦手で辞めた仕事がありました。

辞めた時は本当にスッキリ爽快でしたが、次の職場の上司も苦手でした。

そのまた次の職場の上司もやはり苦手でした。

不思議なことで「もう二度とこの人(上司)に会わなくて済む!」と思っていても、次の職場でもまた同じような目に合うんですね。

もう苦手なお客さんと会わなくて済む!と思っていたのに、次の職場ではもっとクセのあるお客さんの応対をすることになったり。

そのまた次の職場へ行っても、それは変わりませんでした。

どの職場へ行っても、結局また同じような目に合うんです。

つまりどの仕事をしても、変わらないんです。

同じ理由で転職を繰り返さないために

退職理由が”上司に不満”や”仕事内容に不満”というのは、恐らく大多数の方がそうなんだと思います。

でもその理由ですと恐らく次の職場へ行ってもまた同じ理由ですぐに辞めてしまう可能性が高いでしょう。

私がそうだったように。^U^;

それでも転職を繰り返せるうちはまだ良いですが、いずれそれも厳しくなる時が必ずきます。

ですが個人的には、仕事がどうしても嫌なら辞めてしまって構わないと思ってます。

ただし同じことを繰り返さないように、今後の進路についてはきちんと考えることをおすすめします。

今の仕事を辞めただけでは解決しないこと。

それはあなたの中にある、根本的な問題です。

この先どのような生活を送っていきたいのか、それを自分の中で明確にすることで今後の方向性が少しずつ見えてくるように思います。

そのためのお手伝いがこのブログでできたらいいなと、ちょっと傲慢ですが思っています。^U^;

自分の中にある根本的な問題の正体を知る