仕事が続かない。

そういう人は恐らく転職を繰り返している方が多いのではないかと思います。

今回は仕事が続かなくて転職を繰り返す悪循環から私が抜け出した時のことをお話します。

仕事が続かないのには理由がありますよね。

勤め始めて短期間で仕事を辞める方の恐らく大体数は、「思っていたより大変、忙しい、面倒臭い」などの理由が多いかもしれません。

もちろんそうでない方もいらっしゃると思います。

予期せぬ家庭の事情や突発的な体調不良。

辞めたくて辞めたわけでない方もいるかと思います。

今回はそういった理由ではなく、単純に仕事が嫌だったからという理由に焦点を当ててお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

仕事が続かない原因を探る

あなたの仕事が続かない理由は、ずばり何でしょうか?

私のように、「仕事に行きたくない」「思ってたより大変だった」などでしょうか。

前職よりラクな仕事がしたくて転職したものの、思ってたより覚えることが多くて大変で辞めた。
体力が無いから座ってできる仕事に転職したものの、今度は逆に精神的ストレスが大きくなり辛くなって辞めた。

他にもいろいろありますが、いずれも私が転職を繰り返していた時の話です。
完全に辞めグセが染み付いてますね。^U^;

転職を繰り返してばかりいますと、辞めグセがつきます。
しかも辞めるまでの期間もどんどん短くなります。

転職を繰り返す身からすると、ダメならサッサと見切りつけて次にいきたいと思うわけです。
続ける気の無い仕事を覚えるのはもちろん、その会社にいる時間も無駄に感じるのです。

私は一時期コールセンターで働いていたことがあるのですが、コールセンターというのは本当に離職率が高いです。^U^;

入れ替えが激しい職種というは知ってましたが、私と同期で入った方は4ヶ月ほどで辞めました。
これはまだ良い方で、その後入ってきた方は持って1ヶ月。短くて1週間。
酷い方だと半日というのもありました。^U^;

私も1年弱で退職したので人のことは言えません。
それくら向き不向きのある仕事だったと思います。
電話をとるまで相手がどのようなお客様かもわかりませんし、クレームも多く胃がキリキリ痛むことなど日常茶飯事でした。

しかし当時の私は、どうして仕事が続かないのか、根本的な原因は何なのかを考えました。

・仕事に行きたくない。
・上司が苦手。
・クレームが怖い。
・面倒なことはやりたくない。

これらは今までの仕事を辞めてきた理由ですが、これだと次の職場へ行ってもまた同じ理由で辞めてしまうでしょう。

働く理由、目標を明確にしてみよう

ラクな仕事だと思っていたのに実際そうでなかったりすると途端にやる気を無くします。

ですが「キツイ仕事だろうな」と覚悟を持って挑戦すると、実際にそうであっても耐えられますし逆にそうでなかった場合は気持ちがラクになるかもしれません。

あなたが働く理由を明確にしてみましょう。^U^

とは言っても私を含め恐らく大多数の方が”お金を稼ぐため”だと思います。

もちろんその通りです。
社会貢献云々なんて話は所詮は建前で、多くの人が生きていくために、大切な人を守るために日夜働いているのだと思います。

・生きていくため
・大切な人を守るため

立派な理由だと思います。
それで十分だとも思います。

しかしそれでも仕事が続かない。すぐに辞めてしまう。

そういう場合は、もう一度あなたが働く理由を明確にしてみましょう。^U^

働く理由を明確にすることで、意識付けができます。
意識付けができると、仕事に取り組む気持ち、姿勢も変わってきます。

そうすればそんなに簡単に仕事を辞めるということも少なくなるのではないでしょうか。

この先どうしたいのかを考えてみましょう

自分と向き合うことで、目標ができることもあります。

目指すものが決まれば、働く理由も明確になるでしょう。^U^

そうすればちょっとやそっとのことで仕事を辞めるなんてことも無くなるように思います。
働く理由が自分の中でしっかり確立されているからです。

人は理由や目標があれば、頑張れるものです。

逆に何も無ければ、すぐに諦めてしまったり続けられないことが多いように思います。
もちろん夢や希望なんて無くても生きていくことはできますが。

転職を繰り返す負のスパイラルから抜け出したいと思っていたら、もしかしたら今回のお話が少しお役に立てることがあるかもしれません。

自分と向き合ってみる。
そして自分の中で働く理由を明確にしてみる。

ぜひ試してみて下さいね。^U^