私は学生の頃から働くことが嫌いでした。

初めてのバイトも楽しかったのは最初だけで、すぐに行きたくなくなりました。

就職してもそれは変わらず、むしろ長くなった拘束時間や課せられる責任の重さにストレスを感じ、入社してから辞めるまでの4年間、ほぼ毎日のように「行きたくない・・辞めたい・・」と思いながら働いてました。

自分で言うのもなんですが、異常な精神状態だったと思います。

地に足のついていないような、フワフワした気持ち悪い感覚。
自分の気持ちに耳を傾けようともせず、騙しながら働く日々。

甘えるな。
大変だし辛いけど、みんな頑張ってるんだから!

しかしついに限界がきました。

私は仕事を辞め、実家のある田舎へ戻りました。

転職活動が上手くいかず辛い無職期間も過ごしましたが、なんとか新しい仕事を見つけました。

けれど嫌になってすぐに辞めました。

決まった時は、あんなに喜んでいたのに。

スポンサーリンク

自分の中にある問題は何でしょうか

私は仕事が続かなくなりました。

しかしこのまま転職を繰り返しても、結局また同じような理由で辞めてしまう。

自分にとって都合の良い、居心地の良い職場なんてあるはずないんです。

ではどうすればいいのでしょうか。

私は自分の中に解決しなければならない問題があることに気が付きました。

といっても何も特別なことではなく、

”この先の未来、私はどんな風に生きていきたいのか”

自分と向き合って、自分の心の声を聞き、それを明確にすること。
ただそれだけでした。

よくコラムなどで取り上げられる話題ですが、読んでいた頃はピンときませんでした。

自分で考えるようになって初めてわかりました。

どんな風に生きていきたいですか?

自分の思い通りに生きられるはずなんてない。
みんな辛くても、苦しくても生きるために頑張ってる。
甘えてはいけない。

大多数の方がそう言うのかもしれません。

でもあなたの人生は、あなただけのものです。

あなただけの1度きりの人生を、どんな風に生きていきたいのか。

それを考えることは、そんなにいけないことでしょうか。

人生は短いようで長いし、長いようで短いのです。

せっかくこの世界に産まれてきたのです。

どうせどんなに幸せに生きられたとしても、数十年もすれば寿命が尽きてしまうのです。

それなら少しでも楽しみながら、自分にとって納得のいく生き方を探してみても良いのではないでしょうか。^U^

そのためには少し時間が必要かもしれません。

自分と向き合うための時間です。

この先どんな風に生きていきたいのか。
あなたは本当は、どうしたいのか。
何がしたいのか。

それを知る必要があるのです。

と言っても特に変わった方法でも何でもありません。^U^;

自分に質問していくだけでした。

自分を変えるために私が自分にした質問